コーヒーを飲むとお腹痛いと感じることがあるのは、なぜなの?

コーヒーとお腹が痛くなった女性 ライフスタイル
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

コーヒーを飲むとお腹や胃のあたりが痛くなるという症状で悩んでいる人は多いです。

お茶や紅茶は大丈夫なのに、コーヒーを飲むとお腹が痛くなる

と、原因が分からずにいる人がいるのではないでしょうか。

コーヒーを飲んだあとに、お腹が痛くなる原因はいくつかあります。

今回の記事ではコーヒーを飲むと、お腹が痛くなる理由について詳しく解説していきます。

コーヒーを飲んでも腹痛にならずにすむ為の効果的な対処方法も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

スポンサーリンク

コーヒーを飲むとお腹が痛くなる理由

お腹が痛い女性

 

コーヒーに含まれているカフェインの影響

カフェインは、集中力を高めたり、交感神経を刺激したり、眠気を覚ましてくれたりと、さまざまな作用があるのですが、胃酸の分泌を活性化させる働きもあります。

カフェインにあまりなれていなかったり、飲みすぎて過剰に摂取してしまうと胃腸の働きが活発になりすぎてしまったり、自律神経のバランスを崩してしまうこともあるんです。

クロロゲン酸の影響も

コーヒーには、「クロロゲン酸」という成分も入っているんですが、このクロロゲン酸も胃酸の分泌を増やします。

これが原因で、胃のあたりが痛いと感じることがあります。

アレルギーの可能性も若干あり

コーヒーのアレルギーも考えられます。

このコーヒーアレルギーの場合、お腹の痛みや吐き気、下痢といった症状が数日後に出てくることが多いようです。

飲んでから、すぐにお腹の痛みや下痢などを感じる場合、飲み過ぎが原因の可能性が高いです。

 

 

コーヒーを飲んでお腹が痛くなったときの対処法

コーヒーとお腹が痛くなった女性

お腹の痛さをおさえるには、こんな方法があります。

水分をとって、お腹まわりを温める

まず摂取したカフェインの濃度をうすめるために、お湯などで水分補給をするといいです。

なるべく水でなくお湯を飲むのが理想で、その理由は温めることで胃腸の動きがやわらいで痛みが緩和されることがあるからです。

温かい飲み物を飲むようにする

お腹をこわしているときは、乳製品をさけてノンカフェインの飲み物を飲むのがおすすめです。

温かい飲み物を飲むことで、お腹が温まって、症状を緩和させることにも役立ちます。

 

その他にコーヒーを飲んで影響を受けやすいことは?

コーヒーを飲みすぎると、カフェインの過剰摂取が原因で、こういった症状が出ることがあります。

  1. お腹が痛くなる
  2. 下痢
  3. 気持ちが悪くなる
  4. 足がつる

 

コーヒーは1日3杯くらいが理想

コーヒーの香りを楽しむ女性

コーヒーは一日にどれくらい飲んでも平気なの?と心配になるかもしれません。

日本では、カフェインの影響については諸説あって、一日の摂取許容量は特に設定されていません。

良い効果もあれば、よくない効果もあるのではないかと言われていて、個人差もあってハッキリとしていないからです。

そのため、一日当たりのコーヒー摂取量は決まっていませんが、カナダの保健省が「健康な成人の一日のカフェイン摂取量は最大400 mgまで」としています。

このことから、カップ3杯くらいまでを参考の目安にするといいのではないかといわれています。

カフェインレスのコーヒーを飲む方法も

コーヒーには、含まれているカフェインの量を減らした「カフェインレスのコーヒー」があります。

カフェインレスのコーヒーなら、カフェインの量は抑えられます。

しかし、カフェインレスのコーヒーにも、わずかにですがカフェインは含まれているので、飲みすぎには注意してくださいね

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました