上司にキレてしまった・・その後取るべき対応方法【後悔しない為に】

仕事
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

上司にブチ切れてしまった・・って経験ありますか?

サラリーマンでしたら、理不尽な経験をしたってこともいくどもあるかもしれません。

ですが、こういうことから逃れられないこともあるんですよね

今回はそういった時にどうすればいいかということについて、ふれていきます。

 

スポンサーリンク

上司にブチ切れてしまった・・という体験談

家計簿を憂鬱そうにつける女性

家計簿を憂鬱そうにつける女性

上司に、仕事が上手く廻らなかったのは私のせいだと言われ、あまりの理不尽な言い分に頭にきて口論になりました。

まず管理職は、運用の際にいくつか作業に変更があったのを一部の人にしか連絡していないんです。

で、作業を頼まれた時にその指示をした人も、変更点を説明しない。

しかも、わからないことを聞くといきなり怒り口調で接してきたり、自分で考えろと言ってくるわけです。

これでは変更点など知るよしもないので、以前やったとおりに作業したら、呼び出されてミスを指摘されるわけです。

「新人でも間違えずに出来てるのに、なんでお前はできないんだ?」

・・理不尽すぎないですかね、勤め人はつらいです。

 

上司にブチ切れるときに注意したほうがよいこと、その対処法について

仕事を頼まれる女性

仕事を頼まれる女性

感情的になっているので、なかなか難しいんですが、上司の言動にアタマにきてブチ切れることはあっても、注意しなければならないことがあります。

ケースバイケースではありますが、いつも我慢しているとナメてひたすら馬鹿にしてくるような上司もいます。

ですから、上司に対してキレてしまったなんて時も仕方ないと思いますが、ただ、あくまでも自分の上司ですので、注意が必要です。

・言葉を選ぶ
・冷静さを失わない
・言い訳じみた話し方にならないようにできるだけ毅然と説明する

上司だって人間ですから、完璧な人なんていませんので、職場の上司にキレるまで感情が高ぶる場合は、上司や周囲の人間などにも直すべきところもあるはずです。

そういった時にはポイントをおさえて上で、上司を意見を伝えるべきかと思います。

自分を客観視するのも必要ですが、ストレスに押しつぶされてしまうとあなた自身もかわいそうです。

 

上司にキレてしまった・・その後に取るべき行動は?

正直、顔に気分をだしまくるのもうまくはないですが、我慢してばかりだとここぞとばかりに陰湿に接してくる人もいますから、怒るべきところでは怒ってもいいという考え方もあります。

頻繁にでは困りますが、ごくまれに、できれば一回くらいですませたいところですね。

 

もしあなたに問題があったなら謝ったほうがいいかもしれません

これは客観的に自分をみる必要がありますね。

あなたが悪くないなら謝らなくていいというのが本筋です。

ただ、会社の社風がグレーだったり黒っぽかったりすると、あなたに問題がなくても謝ったほうが正解だったりするのがサラリーマンの悲しいところですね

 

キレてしまった翌日はどうすればいいのかについて

バツがわるいとは思いますが、普段どおりに接するのがいちばんだと思います。

もしあなたに問題があったなら謝意を伝えるなりして、仕事に精をだし成果をあげるのを考えるべきですね。

ただ、二回戦をはじめないように注意したいですね。

冷静に仕事をこなし、無いとは思いますが「もしまた話を蒸し返す」なんてことがあったら、昨日の反省や改善方法を冷静に考えて活かしましょう

「人の噂も75日」ということわざもあります。

成り行き任せというのもありですね。

 

キレるような原因の人とは距離を置く

嫌いな人に無理に接するのも非効率ですし、ストレスがたまります。

職場は仕事をするための場所ですから、どんなに嫌いでも普通に接するように心がけは必要ですね。

表面上、なるべく問題にならないように最低限のコミュニケーションだけですませて距離をおいてしまうの手です。

また無駄に関わってもいいことはなさそうですし、嫌いな相手に敬意を払うのもきびしいですし。

 

キレてしまったことはお酒でも飲んで忘れましょう

好きな趣味をこなしたり、お酒を飲むなりして早く忘れてしまうのがいいです。

「覆水盆に返らず」といいます。

こぼれた水はもとに戻りませんから早く忘れて、それでも納得が行かないなら

「あの時はああしたほうが正解だったかも」

と改善方法でも考えましょう。

はやめに寝てしまうとか、友人に愚痴るのというのもいいですね。

 

普通に過ごすのを心がけて、どうしても嫌なら転職を考えてみる

もし、どうしても無理と思えたり、本格的に愛想がつきたというなら転職サイトに登録して、求人を見てみるのも手です。

転職サイトで求人を見れば、いろいろと見えてくるものもあるからです。

ただ、もし転職をするなら、逃げるために転職をするのでなくて、以前からやりたかったことを再検討するとか、もっと自分にあった環境を探す!というような「自分のプラスになる転職」を検討してくださいね。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました