ひとつのカテゴリーだけ別のサイトに引っ越す方法【WordPress】

化粧をしている女性と自撮りをしている女性のイラスト

ブログをやっていると、特化させた方がいいという話はよくでます。

雑記ブログの場合、とあるカテゴリーを別のサイトに移動させたり、別のサイトに引っ越しさせたくなったりします。(少なくとも私は💧)

そんな風に、部分的なWordPressの引っ越しをする方法を紹介してみます。

この記事は、Cocoonテーマを使用しているブログの1カテゴリを他のドメインに引っ越したいという場合を想定しています。

 

ひとつの記事だけリダイレクトで遷移させたいなら以下の記事が参考になると思います。
あわせて読みたい
記事を開いたら他のページに移動させるには【Cocoon】 サイトを見ていると、https://abc.com/a1.htmlというページを開いたのに、https://abc.com/c1.htmlが開いたり、はたまた、まったく別のページが開くことがあります。 こ...

 

目次

ひとつのカテゴリーだけ引越しをする手順

自撮りをする女性のイラスト

記事を引越しするサイトを「元サイト」、記事の移転先のサイトを「移転先サイト」とします。

引越しの手順は以下のようになります。

  1. プラグインを準備
  2. 移転させたい記事を元サイトからエクスポート
  3. 移転先サイトへインポート

という風になります。

プラグインは「DeMomentSomTres Export」を使います。

このプラグインを「元サイト」にインストールして、「元サイト」でエクスポートしたファイルを「移転先サイト」にインポートすると、記事と記事内の画像URLも移転先のURLに書き換えられた状態で引っ越しをする事ができます

DeMomentSomTres Exportプラグインをインストール

「DeMomentSomTres Export」プラグインを「元サイト」にインストールして有効化します。

有効化したら「Skip」をクリック。

エクスポートするカテゴリーを選択

WordPressの管理画面に戻って「ツール」>「DeMomentSomTres Export」を開きます。

移転させたい記事を選択します。

  • 「投稿」にチェックの入った状態で、カテゴリーを選択します。
  • 「エクスポートファイルをダウンロード」をクリック。

とりあえずこれでエクスポートは完了。

移転先サイトにインポートする

次は、移転先のサイトにインポートします。

移転先ではWordPressの機能を使うのでプラグインのインストールなどは必要ありません。

  1. WordPressの管理画面を開く
  2. 「ツール」をクリック
  3. 「インポート」をクリック
  4. WordPressのインポートをクリック
  5. インポーターの実行
  6. インポートするファイル(さきほどエクスポートしたファイル)を選択
  7. 「ファイルをアップロードしてインポート」をクリック
  8. インポートした記事の投稿者名を選択
  9. 投稿者を既存のユーザーにわりあてるの項目でユーザーを選択
  10. 既存ファイルのインポート欄の添付ファイルをダウンロードしてインポートするにチェック
  11. 「実行」

という流れです。

作業を終えたら、移転した記事と画像がきちんと表示されるか確認します。

画像が表示されない場合がありますが、移転した記事内で使っていた画像は、すべて移転先のサイトのメディアにアップロードされていますので、そこだけ手作業で修正すればOKなはず。

 

移転元サイトの記事の後処理とリダイレクト

ネックレスをつける女性のイラスト

記事を移転させると、元サイトと移転先サイトで同じ記事が2つ存在する事になります。

重複してしまっているので、このままにしておくのは得策ではありません。

この場合の対処方法は、

  • 元サイトから移転した記事を削除する
  • 元サイトから移転した記事は非公開か下書きにしておく
  • 元サイトから移転先サイトへ301リダイレクト

のうち、どれかを選択することになります。

リダイレクトする方法

リダイレクトについては「Redirection」というプラグインで簡単にできるのですが、まれに不具合が出るので設定には要注意です。

プラグインを使う他には、.htaccessファイルを編集する方法があります。

エックスサーバーでの.htaccessファイルの編集方法

  1. ファイルマネージャーにログイン
  2. 「ドメイン名フォルダ」をクリック
  3. 「public_html」
  4. 「.htaccess」にチェックを入れて編集します。

記述の仕方は、.htaccessの「# END WordPress」の後に記述します。

書式は以下の通りで、移転元のドメインURLは不要です。

Redirect 301 /(旧ディレクトリ名) http://○○○.com/(新ディレクトリ名)

「.htaccess」の文字コードは、ファイルの中に、1バイトのASCII文字(英数記号文字)しか含まないのであれば、文字コードは「SHIFT-JIS」でも「EUC-JP」でも「UTF-8」でもOKとのこと。

特にかわったことをしていないなら、文字コードは「SHIFT-JIS」か「UTF-8」で保存が無難かなと。

全て終えたら、リダイレクトされるか確認してください。

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる